双子の日

イメージ_双子

「双子の日」は1874(明治7)年のこの日に「双子の場合は先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官指令が出されたことが由来です。

それまでは、後に産まれた子を兄・姉とする地域もありました。

双子で一番多い組み合わせ

“双子”、いわゆる“双生児(そうせいじ)”は同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供のことであり、多胎児の中では一番多く発生しています。

受胎時の受精卵の数により“一卵性双生児”と“二卵性双生児”に大別され、似てない双子の場合は二卵性のケースが多いようです。

出産の時には数分程度の時間差で産まれることが多いのですが、中には数時間から数十日の間隔で生まれる場合もある(双子が一度の分娩で生まれるとは限らない)ので、誕生日・誕生年が異なる双子というのも十分考えられます。

一般的に双子といえば偶然になるものと考えられていますが、研究の結果、双子になりやすいケースというのは存在するそうです。

一つ目は、母体の身長が高い場合に双子が生まれやすいとされています。

人間の肝臓からは“インスリン様成長因子(IGF)”と呼ばれるものが分泌されているのですが、この分泌量が多いと双子が産まれる確率が高まるとされており、母体の身長が高いほどこの分泌量が多いのです。

二つ目は、乳製品を多く摂取することによって双子が産まれやすくなるといわれています。

牛乳などには特に“インスリン様成長因子(IGF)”が含まれているため、乳製品を摂取することによって双子の産まれる可能性が高まるとされているのです。

こうして生まれた双子ですが、双子といえば男子と男子、女子と女子というイメージを持っている方も多いかもしれません。

ですが実は双子で一番多いケースは男子と女子の組み合わせなのです。

正確には“二卵性の男女”が一番多く、順に“二卵性の女女”、“二卵性の男男”、“一卵性の女女”、“一卵性の男男”となります。

二卵性、ましてや男女の組み合わせが多いという事は似ていない双子も多くなるので知り合いが実は双子だったということもあるかもしれません。

もしかしたら本人たちも気づいていない可能性も考えられますね。

 


12月の今日は何の日?

昨日は何の日?

12月12日

明太子の日

今日は何の日?

12月13日

ビタミンの日

双子の日

明日は何の日?

12月14日

南極の日

忠臣蔵の日

おすすめの記事

ビタミンの日 「ビタミンの日」は1910(明治43)年のこの日に、農芸化学者である鈴木梅太郎博士が米糠から抽出した脚気を予防する成分に「オリザニン」と命名したことを東京化学会で発表したことが由来で、2000(平成12)年9月に『ビタミンの日』制定委員会が制定しました。 その後「オリザニン」はこの1年...
オーケストラの日 「オーケストラの日」は「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」(耳に良い日)の語呂合せと、春休み期間中であり親子揃ってイベントに参加しやすいことから、日本オーケストラ連盟が2007(平成19)年1月に制定し、その年から実施しています。 オーケストラの奇妙な曲 “オーケ...
エッフェル塔の日 「エッフェル塔の日」は1889(明治22)年のこの日にエッフェル塔の落成式が行われたことが由来です。 パリのシャン・ド・マルス公園の広場に立つ鉄塔でその高さは約320m、パリ万博に合わせて建設されフランス人技師エッフェルが設計しました。 エッフェル塔の与えた影響 “エッフェル塔”と...
マフィアの日 「マフィアの日」は1282年のこの日にマフィアの名前の由来となったとされる「シチリアの晩鐘事件」が起こったことが由来です。 マフィアの語源のいろいろ “マフィア”とはイタリアのシチリア島を起源とする組織犯罪集団のことであり、19世紀から恐喝や暴力により勢力を拡大、1992年段階では“ファ...
マリモの日 「マリモの日」は1952(昭和27)年のこの日に、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定されたことが由来です。 同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定されました。 お土産のマリモは人工的に丸めたもの “マリ...

バナー_週末のお出かけ情報
バナー_もやい

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。
当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。
※イベントの募集は自薦他薦は問いません。