ごまの日

イメージ_ごま

「ごまの日」は11月5日という日付が「いい(11)ごま(5)」という語呂合わせであることから、胡麻加工組合が制定しました。

また、ごまと相性の良いほうれん草などの野菜の旬がこの時期にあたることも由来の一つとなっています。

“ごまをする”のごまとは

“ごま”とは英語で“sesame”といいゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材や食用油などの油製品の材料とされ、古代から今日まで世界中で利用される植物です。

アフリカ大陸に野生種のゴマ科植物が多く自生していますが、考古学の発掘調査から紀元前3500年頃のインドが栽培ゴマの発祥地であるとされています。

白ごま、黒ごま、黄ごま(又は金ごま、茶ごま)など、種子の外皮の色によって分類され、欧米では白ごましか流通しておらず、アジアは半々、金ごまは主にトルコで栽培されるものになります。

農薬や肥料なしでもそれなりの収穫が可能という、自然まかせで栽培できる作物であるため、他の野菜などに見られるような品種改良はあまり行われてこなかった歴史があるようです。

ナイル川流域では5000年以上前から栽培された記録があり、古代エジプトではごまは体に良い食べ物とされ、薬用利用などしていたことが、医薬書に象形文字で紹介されています。

日本では縄文時代の遺跡からごま種子の出土事例があり、奈良時代には畑で栽培し、ごまを圧搾しごま油を作り食用油として調理したり、燈油として用いていたようで、平安時代の律令の施行細則である“延喜式”では、ごまの菓子や薬用利用について記されています。

昔からごまは栄養価の高い食品として知られ、生薬としても用いられており、上記の通り種皮の色によって黒ごま、白ごま、金ごまに分けられていますが、栄養的にはほとんど差はありません。

よく人に媚びへつらうことの例えとして“ごまをする”と言いますが、これはすりゴマを作る際に、すり鉢のあちこちにごまがつく様子から来ています。

栄養価が高く健康に良いとされているごまですが、子どもを中心にごまアレルギーの存在が報告されており、アトピー性皮膚炎の子供を対象に行なった例では、1歳未満の乳児が21%、1歳から1歳6ヶ月未満では44%、2歳・3歳以上では約50%が、ごまに対して陽性を示す結果となったようです。

いくら身体に良いものでも食べ過ぎは良くありませんので、適量に抑えるのが良いかと思われます。

 


11月の今日は何の日?

昨日は何の日?

11月4日

かき揚げの日

今日は何の日?

11月5日

縁結びの日

ごまの日

明日は何の日?

11月6日

パンわーるどの日

おすすめの記事

縁結びの日 「縁結びの日」は旧暦10月(新暦11月ごろ)に出雲大社に全国の神が集まり縁結びなどの会議をするとされていることと、「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂合せから、島根県の神話の国・縁結び観光協会が制定しました。 ご縁の神様を祀る出雲大社 “出雲大社”は縁結びの神様としてとても有名...
オーケストラの日 「オーケストラの日」は「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」(耳に良い日)の語呂合せと、春休み期間中であり親子揃ってイベントに参加しやすいことから、日本オーケストラ連盟が2007(平成19)年1月に制定し、その年から実施しています。 オーケストラの奇妙な曲 “オーケ...
エッフェル塔の日 「エッフェル塔の日」は1889(明治22)年のこの日にエッフェル塔の落成式が行われたことが由来です。 パリのシャン・ド・マルス公園の広場に立つ鉄塔でその高さは約320m、パリ万博に合わせて建設されフランス人技師エッフェルが設計しました。 エッフェル塔の与えた影響 “エッフェル塔”と...
マフィアの日 「マフィアの日」は1282年のこの日にマフィアの名前の由来となったとされる「シチリアの晩鐘事件」が起こったことが由来です。 マフィアの語源のいろいろ “マフィア”とはイタリアのシチリア島を起源とする組織犯罪集団のことであり、19世紀から恐喝や暴力により勢力を拡大、1992年段階では“ファ...
マリモの日 「マリモの日」は1952(昭和27)年のこの日に、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定されたことが由来です。 同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定されました。 お土産のマリモは人工的に丸めたもの “マリ...

バナー_週末のお出かけ情報
バナー_もやい

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。
当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。
※イベントの募集は自薦他薦は問いません。