ハーフタイムデー

イメージ_半分「ハーフタイムデー」はこの日が1年の半分であることが由来となっており、それまでの半年間を振り返る事によって、その年の目標を再確認する日とされています。

関連した記念日として7月2日が「一年の折り返しの日」となっています。

スーパーボウルがハーフタイムショーに力をいれる理由

“スーパーボウル”とは、NFC優勝チームとAFC優勝チームの間で争われるNFLの優勝決定戦のことで、アメリカンフットボールの最高の大会であり、アメリカ最大のスポーツイベントである。

2010年2月7日に行われた第44回スーパーボウルは、平均視聴者数1億648万人で米テレビ史上最高を記録し、 平均視聴率では1996年の第30回スーパーボウルの46%が最高、第44回スーパーボウルは45%のTV史上2位を記録しています。

この米国民の大半が観戦すると言われるスーパーボウルは、ハーフタイムショーに力を入れることで有名です。

というのも以前のハーフタイムショーといえば、カントリーミュージシャンやマーチングバンド、ディズニー・キャラクターなどがショーを行っていましたが、ハーフタイムショーの視聴率が試合に比べて10%近く低くなっていました。

さらに、ハーフタイム中にあまりにも沢山の人達がトイレに行き水を流すので、大都市部での下水管の水圧が一気に上がり大きな社会問題となります。

これらの問題を防ぐ為に“どうしたら観客をハーフタイムショー中にテレビの前に釘付けにしておけるか?”が鍵になったのです。

この視聴率対策と水圧防止対策として、1993年にマイケル・ジャクソンがスーパーボウルのハーフタイムショーに出演したのは有名な話です。

これが見事的中し、マイケル・ジャクソンのハーフタイムショーは、スーパーボウルの前半戦よりも高い視聴率を記録しました。

その結果、スーパーボウルそのものの価値が上がり、世界のトップアーティストを毎年ハーフタイムショーに招くことが定着していくようになります。

そして、この時マイケルに支払われたギャラは、これまでのハーフタイムショーの伝統に従い無償だったと言われています。

マイケルが提示した唯一の条件はスーパーボウルの収益金の一部を恵まれない子供たちを救う基金に寄付をすることでした。

実際にNFLはマイケルが設立したHeal the World Foundationに10万ドルの寄付を行っています。

 


6月の今日は何の日?

昨日は何の日?

6月29日

ビートルズ記念日

佃煮の日

今日は何の日?

6月30日

トランジスタの日

ハーフタイムデー

明日は何の日?

7月1日

・弁理士の日

・建築士の日

・ウォークマンの日

・童謡の日

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。

当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。

※イベントの募集は自薦他薦は問いません。


 ハロウィン企画_タイトル2


バナー_もやい


入力内容を確認しました