わんこそば記念日

イメージ_わんこそば

「わんこそば記念日」は毎年この日に「わんこそば全日本大会」が開催されていることが由来で、大会の運営を行っている「わんこそば全日本大会運営委員会」が制定しました。

わんこそば100杯のカロリー

“わんこそば(椀こ蕎麦)”は、岩手県の花巻や盛岡に伝わる郷土料理のひとつです。

熱いそばつゆをくぐらせた一口大ほどの量のそばを客のお椀に入れ、それを食べ終わるたびに給仕がそのお椀に次々とそばを入れ続け、客が満腹になりふたを閉めるまで続けるというスタイルが基本となっています。

なお提供するわんこそば店によっては差異があり、本来は温かいものを指しますが冷たいものやその量など曖昧な部分もあるようです。

その起源は2つあり、“花巻起源説”と“盛岡起源説”があります。

“花巻起源説”はおよそ400年前の慶長時代に当時の南部家27代目当主、南部利直が江戸に向かう際に花巻城に立ち寄り食事を所望したところ、“殿様に対して市民と同じ丼で差し上げる事は失礼”との発想から、山海の幸と共に漆器のお椀に一口だけのそばを試しに恐る恐る出したところ、利直はこれを“うまい”と何度もお代わりをし、その後明治時代になり花巻市の蕎麦屋が市民にもわんこそばを振る舞うようになったというものです。

“盛岡起源説”ではかつて盛岡には祭事などの際に地主が大勢の村人や客人にそばを振舞うという風習があったのですが、100人以上にもなる相手にそばを供する際、通常の作り方では釜が小さいために全ての人にそばが行き渡る前に延びてしまため通常の分量のそばを小分けして振舞うことが行われるようになったというものです。

わんこそばには“わんこ(お椀)で食べる”、“給仕がつく”、“温かいそばである”という定義があり、飽きさせないために薬味はもちろん、店によってまぐろやとろろ、イカの塩辛や天ぷらなど多くの品も付いてきます。

花巻・盛岡市内では2パターンのスタイルがあり、一つはパフォーマンス性を重視しお椀を客の前に重ねたり給仕がそばを入れる際に掛け声を発したり、そもそも蓋をなかなか閉めさせないもの、こちらの方がわんこそばのイメージが強いのではないでしょうか。

もう一つはわんこそば本来の“おもてなしの心”を重視し、客の食べるペースに合わせてゆっくりと最後までおいしく食べられるように工夫している店舗も多いようです。

わんこ1杯のそばの量が通常のかけそばの10分の1程度であり、平均して男性が60〜80杯、女性が30〜60杯程度とのことです。

女性でもかけそば3〜6人前食べるということになりますが、かけそばをそれだけ食べるのはなかなか目にしないと思います。

これは“頑張らなきゃ”という気持ちと、一口分に小分けにされているので箸が進みやすいという状況などが影響しているのかもしれません。

ちなみにわんこそば100杯で1000kcalといわれています。

近年では給仕を付けず、あらかじめわんこそばを盆ごと設置し、客が自分でお代わりを入れて食べる“盛出し式わんこそば”というものも登場しています。

本来のわんこそばの定義とはどんどんかけ離れていっていますが、落ち着いて食事をしたいのであればこちらの方が適している気もしますね。

 


2月の今日は何の日?

昨日は何の日?

2月10日

ニットの日

今日は何の日?

2月11日

わんこそば記念日

明日は何の日?

2月12日

レトルトカレーの日


バナー_週末のお出かけ情報
バナー_もやい

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。
当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。
※イベントの募集は自薦他薦は問いません。


入力内容を確認しました