かまぼこの日

イメージ_かまぼこ

「かまぼこの日」はかまぼこが初めて文献に登場したのが1115(永久3)年の祝宴の膳の図に描かれていたものとされており、この年の数字の並びから11月15日を記念日としたものです。

1983(昭和58)年に全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が制定しました。

また、11月15日は七五三であり、七五三には子供の成長を願って紅白のかまぼこを食べる習慣があったことも由来の一つとなっています。

当初はちくわがかまぼこと呼ばれていた

“かまぼこ(蒲鉾)”とは練り製品の一つで、原料魚にはタラ類、サメ類、イトヨリ、ベラ類他の白身魚が使用されます。

これらの原料魚を脱水砕肉し、塩や卵白など副原料を添加して成形加熱し、製法により杉などの小板に半円筒形にいわゆるかまぼこ型に盛り付けた“板かまぼこ”、麦わらなどに巻きつけた“(簀)巻かまぼこ”、薄く削ったかまぼこを乾燥させた“削りかまぼこ”などがあります。

一般に練り製品は細菌、カビなどで痛みやすいとされています。

古くは材料を竹の棒に筒状に巻いて作っており、その形が蒲(がま)の穂に似ていることから“蒲鉾”と呼ばれるようになったようです。

この最初期の蒲鉾は現在のような海水魚ではなく、主に淡水魚のナマズを原料としていました。

竹を抜き去ると現在の竹輪の形になり、後に板の上に成形した”板蒲鉾”が登場し、区別のために”竹輪蒲鉾”と呼び分けていましたが、元祖の方は“蒲鉾”が脱落して単に“ちくわ”となり、板蒲鉾の方は逆に板が外れて“蒲鉾”になったとされています。

白身の魚は高価であり蒲鉾もご馳走と考えられ、時に贈答品として用いられたり、御節料理にも利用されます。

豊臣秀頼の大好物であったと伝えられ、本能寺での織田信長の最後の晩餐にも供された。

なお、かまぼこが商品として販売されるようになったのは江戸時代以降になります。

武家の結婚式では鯛が縁起物として欠かせなかったのですがが、経済的に用意できない場合は絵や模造品を持ってこれに代えられました。

その一つが細工蒲鉾(飾り蒲鉾)であり、次第に庶民の結婚式にも縁起物として出されるようになったようです。

俗にいう“かまとと(カマトト)”または“かまととぶる”とは“かまぼこのことを『これは魚(とと)か』と聞く”ということから、無知・世間知らずを装ってかわいらしく見せる人(主に女性)を指します。

江戸時代に遊女が世間知らずを装うため、蒲鉾を指してこれが魚なのかと問うたことに由来するといわれています。

現在では酒の肴としてもよく使われ、地域によってはかまぼこがメインのおかずとした“かまぼこ定食”なるものもあるようです。

生で食べる他、軽く火を通しても違った味わいが楽しめますので、試してみてはいかがでしょうか。

 


11月の今日は何の日?

昨日は何の日?

11月14日

いい石の日

今日は何の日?

11月15日

七五三

かまぼこの日

明日は何の日?

11月16日

自然薯の日


バナー_週末のお出かけ情報
バナー_もやい

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。
当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。
※イベントの募集は自薦他薦は問いません。


入力内容を確認しました