メーデー

イメージ_建設現場

「メーデー」は1886年にシカゴの労働者が「8時間労働制」を求めてストやデモを行ったことを記念し、1889年の第二インターナショナル創立大会でこの日を国際的な労働者の祭典・万国労働者団結の日と定めました。

翌1890年に第1回メーデーが開催されています。

日本でのメーデーは1920年5月2日に上野公園で行われたものが最初でその後全国に広がったが、1936年に政府によって禁止され1946年まで中断されました。

メーデーとは

元々は、ヨーロッパでこの日に行われていた春祭りで、花の冠を被らせて“5月の女王(May Queen)”を仕立て、遊戯等して楽しむ日でした。

現在のメーデーの形の発祥国はアメリカで最初は“8時間労働”を訴えていました。

1886年当時の合衆国カナダ職能労働組合連盟が“8時間労働”を要求してゼネラルストライキを起こしました。

当時の労働者の労働時間は12~14時間が当たり前だったのです。

当時のスローガンは「第1の8時間は労働のために、第2の8時間は休息のために、そして最後の8時間はおれたちの好きなことのために」というものでした。

このゼネラルストライキは8時間労働がなかなか実現しない中で、その後も5月1日に起こり、1890年には世界の労働組合に波及、第1回の国際メーデーが実施されており、これが今に続くメーデーの起源とされています。

日本では1905年に平民社主催の茶話会(さわかい)という形で実施されましたが、あまりに社会主義色が強くなっていったため、1936年には禁止されしまいます。

終戦の翌年である1946年に再び開催されますがこのときは“働けるだけ食わせろ”という戦後の窮乏の生活の改善を要求する意味が大きいものでした。

日本に主権が回復してからは日米安全保障条約への反対がメーデーで訴えられ、デモ隊の一部が警官隊と衝突する流血事件も発生しました。

その流れが後にも続き、日本でのメーデーは、社会主義的な政治活動の色合いがさらに濃くなっていくのです。

現在でも1989年以降、全国統一のメーデーは開催されていません。

全国の労働組合の再編、そもそも社会人の労働組合への参加率の低下が原因に挙げられています。

そもそも組合がない会社も多く、政治色の強さも敬遠される原因とも考えられています。

緊急時のメーデーとは

映画やドラマなどで緊急時に“メーデー!メーデー!”という場面はよくみると思います。

このメーデー(Mayday)とは無線電話で遭難信号を発信する時に国際的に使われる緊急用符号語のことで、フランス語の“ヴネ・メデ(venez m’aider)”、つまり“助けに来て”に由来しています。

一般に人命が危険にさらされているような緊急事態を知らせるのに使われ、警察、航空機の操縦士、消防士、各種交通機関などが使うものです。

“メーデー呼び出し”は、雑音が強い状況で似たような言葉と取り違えられることを防ぎ、また実際の“メーデー呼び出し”部分と“メーデー呼び出し”した通信メッセージ内容とを区別するため常に3回繰り返す(メーデー、メーデー、メーデー)ことになっているそうです。


5月の今日は何の日?

昨日は何の日?

4月30日

図書館記念日

今日は何の日?

5月1日

メーデー

日本赤十字社創立記念日

扇の日

明日は何の日?

5月2日

緑茶の日

郵便貯金の日

交通広告の日

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。 当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。 ※イベントの募集は自薦他薦は問いません。 ハロウィン企画_タイトル2


入力内容を確認しました