FMの日

イメージ_ラジオ

「FMの日」は「F」がアルファベットの6番目、「M」が13番目であることが由来となっていますが、制定した団体や何を目的として制定された記念日なのかはわかっていません。

FMとは「Frequency Modulation」の略称であり、電波周波数を信号波の振幅に応じて変化させる方式のことをいいます。

AMとFMの違い

仕事中にFMラジオをかけながら仕事をしている、という方もいると思います。

最近ではスマホからも聴けるようにもなっていますが、“FM”と“AM”の違いは一体何なのでしょうか。

“FM”と“AM”の違いを知るためにまず変調と復調に関して簡単に知っておきましょう。

変調とは電波で何らかの情報を送るときに電波をどのように加工(調子を変えるか)と言う意味です。

ラジオでは音声を送る事になりますが、音は波形で表すことができ、その為電波のどこかの部分に音の波形の情報を仕込むことができれば、電波で音を伝える事ができます。

そして受信側では電波から音声を取り出すことができる必要があり、このことを復調といいます。

“FM”と“AM”はこの変調・復調の方式のことを示します。

“AM”とは、Amplitude Modulationの略であり、日本語で言うと振幅変調になります。

振幅というのは波の高さ、つまり振れている幅のことを表しています。

“AM”はこの波の高さを加工して電波で飛ばすという方法です。

周波数の高い搬送波を電波として送信するのですが、この時に搬送波の波の高さを音声信号の波の高さによって変えます。(変調)

特徴としては

・ノイズに弱い

・周波数の占有幅が狭い

・送受信回路の構造が簡単

・広い範囲で受信できる

などがあります。

“FM”とは、Frequency Modulationの略であり、日本語で言うと周波数変調になります。

周波数というのは波の速さのことであり、“FM”は音声信号に合わせて搬送波の周波数を変えて電波として送信しているのです。

“AM”と違い電波の強さは変わらず、電波の密度が変わると言った方がイメージ的に解り易いと思われます。

こちらの特徴としては

・ノイズに強い

・周波数の占有幅が広い

・送受信回路の構造が難しい

・強度の弱い電波が負ける

・狭い範囲でのみ受信できる

などがあります。

どちらが優れているというものでもなく、使用用途が違うという意味合いで考えた方が良いでしょう。

ラジオを利用する側として“AM”と“FM”の一番の違いと言えば、ノイズ(雑音)だと思います

“AM”の場合は振幅を変える方式なので、振幅の低いタイミングにノイズが入ってきたら、正しい信号として認識できなくなります。逆に“FM”の場合はそういった問題はありません。

つまり、音質ということで言えば、“AM”よりも“FM”の方が優れているということになります。
 
逆に、“FM”は狭い範囲でしか受信できないのですが、“AM”は広い範囲で受信できるという利点があります。

特に山間部などでは“FM”は非常に受信しにくいということを経験したことがあると思います。

放送範囲ということに関して言えば、“AM”の方が優れているということになりますね。

纏めると“FM”と“AM”はラジオの電波を送信する時の変調方式の違いだったのです。

“FM”は搬送波の周波数(密度)を変えて電波を送信、“AM”は搬送波の振幅(強さ)を変えて電波を送信しているということです。

そして“FM”の方が音質は良いのですが、広範囲に電波を届けようとすると“AM”の方が有利ということになります。

これは、“AM”というのは音楽などを放送するのが目的ではなく、声が聞き取れればその目的を果たせるという考えなのだということです。

 


6月の今日は何の日?

昨日は何の日?

6月12日

恋人の日

バザー記念日

日記の日

今日は何の日?

6月13日

FMの日

小さな親切の日

はやぶさの日

明日は何の日?

6月14日

手羽先記念日

五輪旗制定記念日

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。

当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。

※イベントの募集は自薦他薦は問いません。


 ハロウィン企画_タイトル2


バナー_もやい


入力内容を確認しました