ラグビーの日

イメージ_ラグビー

「ラグビーの日」は1823年のこの日に現在のラグビーの原型となるスポーツが誕生したことが由来です。

この日、イングランドのパブリックスクール・ラグビー校ではフットボールの試合が行われていました。

そして、フットボールの試合中に興奮したウィリアム・エリスという生徒が急にルールを無視してボールを持ち上げ抱え込み、相手チームのゴールへと突進するという出来事があり、この出来事がラグビーというスポーツが誕生するきっかけだったとされています。

しかし、後世まで語り継がれているこの逸話がラグビーの起源であるという証拠は残っておらず、ラグビーというスポーツを世界的に発信していくために、ウィリアム・エリスが亡くなってから作られたフィクションであるという説が現在では濃厚となっています。

ラグビーのボールがあの形の理由

“ラグビー”とは、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種で、現在はラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われています。

日本でのラグビーは通常ラグビーユニオンであり、和名で闘球やラ式蹴球とも呼ばれます。

この競技は、正式にはラグビーフットボールと呼ばれ、2つのチームに分かれて行い、楕円形(回転楕円体)のボールを奪い合って相手陣のインゴールまで運ぶ、あるいはH型のゴール上部に蹴り入れて得点を競うスポーツです

イングランド発祥の競技ということもあって、とりわけ英連邦諸国内ではサッカーやクリケットと並ぶほどの人気があります。

アメリカンフットボールは楕円形のボールを使う、タックルにより相手の前進を止めるなど、ラグビーと共通する特徴をもっていることから、古い時代に共通の起源をもつと考えられているものの、まったく別の競技です。

ラグビーの面白さの1つにボールが楕円形のため、地面で跳ねたときに思わぬ方向へ飛んでいくイレギュラーなバウンドがあげられます。

たった1回の変な跳ね方で試合を大きく変えてしまうこともあり、この試合を大きく変えるバウンドを勝者側からは“ラッキーバウンド”や“勝利の女神の気まぐれ”などと呼ばれるそうです。

ですがこのイレギュラーなバウンドを起こすためにこの形になったわけではありません。

当時1800年代のボールは非常に重く、またあまり弾まないボールでした。

そこでボール職人が試しにブタの膀胱の中に空気を入れて膨らませたものでボールを作ってみたところ、軽くて良く弾むボールができ、豚の膀胱の形である楕円形となったそうです。

そのまま楕円のボールでゲームをしてみたら、思わぬ方向に飛ぶのが面白かったので定着したと言われています。

近年では“スポーツ史上最大の番狂わせ”とも言われた2015年9月のラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本が格上の南アフリカを倒したこともあってその人気は高いものとなっています。

是非一度観戦してみてはいかがでしょうか。

 


8月の今日は何の日?

昨日は何の日?

8月22日

金シャチの日

今日は何の日?

8月24日

バニラヨーグルトの日

ラグビーの日

ドレッシングの日

明日は何の日?

8月25日

即席ラーメン記念日

東京国際空港開港記念日


バナー_週末のお出かけ情報
バナー_もやい

EEEよりお知らせ

飯塚市で開催されるイベントの情報を募集しております。
当サイトへの掲載は完全無料ですのでどんどんご応募ください。
※イベントの募集は自薦他薦は問いません。


入力内容を確認しました